2012年3月31日 野球教室


平成24年3月31日(土)、コットンウェイ硬式野球倶楽部は、真岡北野球場において今春から中学校に入学する6年生の野球チーム、清原連合(根本博行代表・部員を対象とした野球教室実施しました。

201203310015 201203310023 201203310027 201203310042
当倶楽部の内田拓実選手(理学療法士)と生駒隆二選手が、子供たちへの技術指導・保護者を交え野球の傷害予防・質疑応答などを行いました。
内田選手からは野球を通じて、先ずは挨拶、礼儀、感謝する心の重要性や、成長期に起こる傷害の対応として、今の自分の身体を知ってもらい、ストレッチの重要性や日頃からの自分の身体の状態を把握することに役立てるため、ストレッチ等を指導した後、再評価し改善を体験してもらいました。当日はあいにくの強風での砂塵の中でしたが子供たちは明るく真剣に参加してくれました。
根本代表からは「今日は大変お世話になりました。非常に有意義な教室で、子供達や保護者からもとても評判がよかったです。そしてこの中から将来、甲子園出場やコットン倶楽部で活躍する選手になることを期待しますシーズン中のお忙しい中、ありがとうございました。」/P>